Follow Me Twitter hiroto's Profile
スポンサーリンク

hirotoのプロフィール!

プロフィール

どうも!hirotoです!



私は、農業系企業に勤めるただのサラリーマンです。


そんなサラリーマンがなぜブログを開設したのかというと、ずばりネットで稼ぐということをしてみたいと思ったからです。


現在勤めている会社から十分なお給料はもらっています。


年齢からするとむしろもらっている方だと思います。


1部門を任されている役職者ですし、それにより様々な恩恵も受けています。


一般的に見たら、なんの不安もないポジションなのかもしれません。



しかし私は、この時代を生き抜いていくためには、十分ではないと感じています。


ずっとこのままいられる保証もないですし、いつ会社が潰れるのかもわからない。


そんな時代に、会社だけの給料に頼って生きていくのは心もとないと感じています。



一昔前だったら、気軽に副業なんてできなかったと思います。


本業の後に働くなんて、肉体的にも時間的にもかなり厳しかったでしょう。



しかし、今はインターネットの時代。


家にいながらPCで様々なビジネスをすることが可能な時代です。


なら、チャレンジしてみようといった感じです。




そもそも、hirotoって何者なのということで、簡単ですが、自己紹介をいたします。


スポンサーリンク

学生時代

出身は大阪で大阪育ちの大阪人です。


正直、そんなに目立ってアピールすることもないくらい、普通の学生生活を送っていました。
むしろ温室育ちといった感じです。


某理系大学でバイオを勉強していました。


卒業後は就職せず、同大学の大学院に進学し、修士号を取得しました。


せっかく大学院に行くんだからと、頑張って勉強したら首席卒業でしたといういうのがプチ自慢です。


正直、人生で一番勉強したと思います。


大学研究員時代

修士課程終了後、1年間は企業で研究員として働きましたが、大学で研究したいという想いが断ち切れず、同大学に出戻り、研究室で働きながら、博士号取得を目指していました。


この時期が温室そだちにはなかなか辛い時期でした。


大学に出戻ったのはいいのですが、その研究室の教授にうまくやられてしまい、半年間給料がない時期を過ごしました。


詳細は省きますが、この経験から人間不信になりました。


今となっても本当に苦い思い出です。



この時期は本当にお金もなく、生きていくのが精一杯な状況でした。


悪い事は続くもので、空き巣に入られたり、財布を落としたりと踏んだり蹴ったりな感じでした。
本当に温室育ちには人生を知る良い薬だったのかもしれません。



そこから、半年くらいは研究室にいましたが、やはり教授への不信感を埋めることができず、大学を辞める事を決意しました。


社会人になって

そこから就職活動をしましたが、思ったより順調で、何社か内定をもらい、今勤めている会社に就職しました。


給料もいい額面で提示してくれていたので、これで安心して、生活できると思っていました。


遠回りした分しっかり働いて、人生を取り戻そうという気持ちで働き始めました。



しかし、一緒に働く上司が超がつくほどのパワハラ人間でした。


私だけでなく、何人もパワハラが原因で辞めていきました。



私は、遠回りしていたので、こんな事で辞められないと、健気に頑張っていたのですが、最終的にメンタルを病んでしまい、戦線離脱する形になってしまいました。



精神科に通い、2年ほどかかりましたが、徐々に回復し完全復帰を果たしました。


病んだ私をクビにしなかった社長には感謝の言葉しかありません。



その後、部署異動をし、そこでの功績が認められて、現在はその部署の責任者をしています。


パワハラ上司と離れて、のびのびと仕事ができた事と、異動先の部署の仕事が、意外と私にハマったというところが大きかったです。



本当に、あの時会社を辞めず、腐らずに努力してきて良かったと思います。



こんな経験から、メンタルケアやメンタルサプリに興味を持ち、色々と実践しています。



年齢も重ね太ってきたことをきっかけにダイエットを行い、最近は健康オタクみたいになっています。


ばっちりダイエットも成功し、健康な毎日を過ごしています。



そして、もっと時間をうまく使うために集中力やスキルアップのためのトレーニングを行い、日々実践しています。


人生の遠回りをしている分もっともっとできることを増やして頑張っていきたいと思っています。



そんな私のブログに興味を持っていただけると幸いです。


詳しくは、hirotoの書斎のコンセプトについて記事をまとめています。


もし良ければ立ち寄ってみてください。




長々としたhirotoの自己紹介にお付き合いいただきありがとうございました。

hiroto

タイトルとURLをコピーしました