Follow Me Twitter hiroto's Profile
スポンサーリンク

理系の就職・転職サイトといえばウズウズ【UZUZ】

今回は理系の就職・転職事情について話をしていきます。


私も理系出身で、もともと大学で研究者をしていました。


大学の研究者といえば聞こえはいいのですが、ぶっちゃけかなり不安定な職業です。


カクカクシカジカあって、企業に就職したのですが、理系の就職ってあまり幅がなく、就職に苦労したクチです。。。


この記事にたどり着いたあなたも例にもれず、就職に苦労しているのではないでしょうか?


でも、大丈夫です。


本記事があなたの悩みを解決します。


では、なぜ理系出身者は就職に苦労するのでしょうか???



それは、専門性があるが故に、研究員などの専門職を志望しがちだからです。


専門職は狭き門で、専門分野をダイレクトに生かす仕事につくのは現実むずかしかったりします。


しかし、専門職を除いてしまうと、その他の理系の能力を生かせる仕事がわからなかったりして、就職や転職に苦労しているということが挙げられます。


そして、理系に特化した就職サイトや転職サイトがなかったり、知らなかったりするのも、理系出身者の就職に関する悩み事だったりします。


そこで本記事では、あなたのように就職や転職に困っている理系出身者のために【UZUZ】という就職・転職サイトについて紹介していきます。


ぜひ参考にしてみてください。


スポンサーリンク

理系出身者の強みを生かした仕事ってどんなものがある???

では、理系の強みってなにがあるのでしょう?


まずは理系出身者の特徴から紐解いていきましょう。


理系の強み

  1. 専門性が高い
  2. 数字に強い
  3. 論理思考ができる





これらが理系出身者の武器ではないでしょうか。


ひとつずつ深ぼっていきましょう。


専門性が高い

専門性が高いので、特化した分野では知識や経験をもとにすごい力を発揮できるでしょう。


しかし、専門外になると力を発揮できず弱点になってしまうので、ここは表裏一体です。


就職の難易度があがるのも、専門分野にこだわってしまうゆえの弊害です。


ただ、専門分野では最強なので、専門性を生かせるということは理系出身者にとっては最大の武器になることは間違いありません。


数字に強い

数字に強いことはビジネスのシーンにおいてはかなり強みになります。


実際に理系出身者は専門分野にこだわりがちですが、数字を自由に扱えることや論理思考ができることの方がビジネスにおいては重要だったりします。


私も昔はそうでした・・・。



実際のビジネスシーンでは、経営や様々な管理を数字を使って行っていきます。


売上や利益、在庫、生産性、製造など様々な事柄を数字に落として管理していきます。


そして、これらの数字を扱って現状を読み解き、未来を予測していきます。


つまり、理系出身者は専門分野だけでなく、こういったところに目を向けることで、ビジネスシーンにおいては、有利な立場にあったりします。


私も今はビジネスの数字を扱えるようになって、ビジネスシーンで役立てるようになりました。



論理思考ができる

どんな仕事においても合理的かつ論理的に組み立てていく力が必要です。


どのようにして効率を上げるのか、どのように人を動かすのか、どのようにして経費を削減するのか、それらをするとどういう効果が期待できるのか。


そのようにロジックを積み上げていくには論理的思考は欠かせません。


数字を扱う時もロジックを積み上げていく必要がありますし、論理的思考が鍛えられている理系出身者が、正しく能力を生かすことができれば、きっと一目おかれる存在になれるでしょう。


理系の強みを生かした仕事

では、理系の強みを生かせる仕事は具体的にどのようなものがあるのでしょう。


  1. 専門職
  2. 数字に特化した仕事




具体的にはこのような仕事が挙げられます。


くわしくみていきましょう。


専門職

機械系、電気・電子系、生物系、化学系、医薬系など 専門職といえど多岐の分野に渡ります。


こういった職業は専門性がないとできなかったりするので、理系出身者にとっては最適な仕事と言えるでしょう。


しかし、冒頭にも述べた通り、専門職は狭き門だったりするので、誰でもなれるというわけではありません。


そして、遺伝子系などまだまだ先進的すぎる分野に関しては、ビジネス化されておらず就職先がないということも挙げられます。


専門職は理系出身者が1番能力が生かせるところではありますが、なかなか希望通りに就職できないというのが現実です。


数字に特化した仕事

では、専門職以外にどんな仕事で理系出身者は活躍することができるのか。


「経営企画」「生産管理」「経理・財務」など経営に関係する数字に特化した仕事がおすすめです。


専門性は生かせないかもしれませんが、あなたが鍛えてきた数字力と論理思考力はここで生かされます。


もちろん経営に関わる事や生産に関わる事は学ばなければなりませんが、数字を扱うことには変わりありませんので、背景がわかれば間違いなくできます。


むしろビジネスシーンにおいては、こちらの方が求められる事が多いです。


理系出身者は専門性が高いゆえに視野が狭くなりがちです。


どんな会社でも経営に関わる数字は必ず出てきます。


ぶっちゃけこちらの方が需要がたくさんあります。 (私はここに気づくのが遅かった・・・)



  1. 決算書が読める
  2. 経営に関わる数字を扱える
  3. 会社の未来を予測できる




こういったスキルを身につければ、今後の就職で困る事は少ないでしょう。


いままで学んできたことが直結はしないかもしれませんが、あなたが鍛えてきた理系としての能力を生かせる仕事です。


携わっていくことで面白みもわかってきますし、やりがいのある仕事である事は間違いありません。


理系の強みを生かせる仕事を探すならウズウズ【UZUZ】

理系の強みを生かせる仕事はわかったけど、どのように探していけばいいのかわからないということがあるでしょう。


そこでおすすめなのが、【UZUZ】です。


  1. 理系出身者が多く在籍する企業を紹介

  2. 非公開理系求人を紹介

  3. 経歴にマッチする求人を紹介




このように理系に特化した求人を紹介してくれます。


一般的な就職・転職サイトで探していくのも悪くはありませんが、理系に特化してサポートしてくれるのは非常にありがたい存在です。


いま就職や転職でつまづいているのであれば、1度利用してみてはいかがでしょうか。


他にも、【UZUZ】のいい所はたくさんあります。


  1. ブラック企業を排除
  2. サポートがあつい
  3. オンラインでの相談が可能




ブラック企業を排除

  1. 離職率
  2. 残業時間
  3. ハラスメントの有無
  4. 求人内容との乖離




このようなことを調査し、基準をクリアした企業しか紹介されることがないので、安心して紹介を受けることができます。



サポートがあつい

平均して20時間以上のサポートを受けられます。


一般的な転職エージェントと比べても、破格のサポートのあつさです。


転職エージェントのサポート時間としては、2~3時間くらいが妥当なところですので、それと比べるとどれだけあついサポートを受けられるのかが一目瞭然です。


内容としてはこのような感じ。


UZUZのHPより抜粋




カウンセリングや面接対策は2時間もとってもらえるので、十分すぎるほど時間をかけて対応してもらえます。


これだけ対策していけば、面接が苦手な人でも不安少なく本番に臨めるでしょう。



オンラインでの相談が可能

もちろんオンラインでの相談も可能です。


自宅にいながら就職や転職の相談を受けることができます。


地方にいても、外出ができなくても、まったく問題ありません。


オンラインでもあなたに寄り添って手厚いサポートをUZUZはしてくれます。


まずはUZUZの無料登録をし、カウンセラーとお話をするところから始めていきましょう。






今回は以上となります。


最後まで読んでいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました