Follow Me Twitter hiroto's Profile
スポンサーリンク

洗える布マスクは使ってみると超快適。洗い方も教えます【簡単】

ヘルスケア

どうも!hirotoです!


あなたはマスクってよく使いますか?


花粉症の方は手放せないという方も多いのではないでしょうか。


マスクをつけた方がいいけど、息苦しかったり、ずっと使っていると顔の触れている部分が痒くなったりして、不快感を感じることってありませんか。



私はマスクをずっとつけていられないタイプなので、その不快感はとても理解できます。


擦れてその部分が荒れちゃったり、耳が痛くなったりして、結果マスクを付けずに生活し、喉が痛くなったりしていました。


しかし、今回のコロナウイルス問題で、さすがにマスクつけないといけないよねと思って、マスクを買おうと思ったら、まさかの品切れ続出。


そして、洗える布マスクならあるんじゃないのと思って秒速で購入。


早速使用してみたのですが、


お!なかなかいい感じ!



という感じで快適に使用しています。


そこで今回は、洗える布マスクについて紹介していきたいと思います。


購入前に色々調べまくったので、布マスクの効果や洗い方についても解説しています。ぜひ参考にしてください。


スポンサーリンク

布マスクは病気の予防に効果はあるのか?

普段あなたが使っている使い捨てマスクは、不織布という化学繊維の布でできています。


そして、今回ご紹介する布マスクは、コットンなどの天然生地から作られています。


では、それらにはどのような違いがあるのか詳しく見ていきましょう。


使い捨てマスク
  • フィルター性能が非常に高い (ウイルス・細菌もカットできる)


  • 保湿性能はそこそこ


  • 化学繊維なので人によっては肌荒れする


  • 吸水しにくく内側に水滴がつく事がある


布マスク
  • フィルター性能は高くない (ウイルス・細菌はカットできない)


  • 保湿性能は高い


  • 肌に優しく肌荒れしにくい


  • 吸水性が高く不快感が少ない


  • お洒落なデザインのものが多い



ウイルス・細菌をカットできないんだったら布マスクって意味ないんじゃないの?


と思いますよね。


マスクの予防効果としては、口腔周囲の温度や湿度を維持し、気道の免疫を防御している事が大きいようで、フィルター性能の問題だけではないようです。


布マスクは保湿性能が高いので、喉を乾燥から守ってくれます。しかも、布マスクはあったかいので防寒にもなります。


つまり、布マスクはフィルター性能は少し劣りますが、寒さや乾燥を防ぐ事で、病気の予防効果が期待できるという事です。



ただ、フィルター性能の点では、使い捨てマスクの方が高性能なので、インフルエンザや風邪の予防では使い捨てマスクの方が効果的なようです。


病気の時は使い捨て、花粉やホコリ対策は布マスクといった具合に使い分けをするのが良さそうです。



そして最近は、抗菌効果のある特殊糸で作った布マスクもいくらか種類があり、病気の予防効果も期待できます。おしゃれなものもたくさんあるので、おすすめの布マスクをいくつか紹介していきたいと思います。


おすすめ布マスク6選

布マスクも素材や特殊糸を用いた機能性のものも作られています。あなたの使用用途に合わせて選んでみるといいと思います。


高機能布マスク①


抗ウイルス ニットマスク 高機能フェイスウェア facewear 日本製



抗ウイルス加工 (SEKマーク) された布マスクです。


ノーズフィットもついているので、顔にぴったりフィットします。メガネも曇りにくい構造です。


色も10色あり、サイズもS、M、Lと揃っています。


少し価格は高いですが、病気の予防とつけごごちを両立するなら最適な商品です。色も選べるので、おしゃれに気を使う女性におすすめです。

高機能布マスク②





こちらも抗ウイルス処理 (ECO-EVER特許加工) をした布で作られたマスクです。


5分でウイルスを不活性化する布を使用しており、インフルエンザ対策にも有効です。


シンプルなデザインで、使い捨てマスクと同じように利用できます。3枚セットなので洗い替えの心配もありません。


銀イオン布マスク



 


銀の糸ミューファンで作られた布マスク。


ミューファンは持続的に銀イオンを放出しつづけ、抗菌力を発揮します。半永久的に抗菌・防臭効果を持続します。


そして、静電気によるホコリの付着を緩和します。


さらに、銀のチカラで熱を遮断し、夏は涼しく、冬は暖かく過ごせます。


藍染や草木染めで自然な風合いでおしゃれなのに、銀のチカラで抗菌・防臭効果にも優れたとても贅沢な布マスクです。


柿渋布マスク




 

 



日本古来より消臭・抗菌素材として利用されてきた柿渋を使って染め上げられた布マスク。


素材にもこだわり、天然素材オーガニックコットンで作られています。


プリーツタイプ、立体タイプ、ベビー用とラインナップも充実しています。全て天然素材で作られているので、敏感肌の方でも安心して使用できる布マスクです。


今治タオル布マスク





有名な今治タオルで作られた布マスクです。
内生地がタオル生地になっており、肌触りが非常にいいのが特徴です。


そして、花粉も92%カットしてくれるので、マスクとしてきっちり機能してくれます。


日常的に使いやすいシンプルなデザインなので、マスクの手放せない花粉症の方にはもってこいの布マスクです。


近江の麻布マスク





近江の麻で作られた大人な風合いの布マスク。


麻は蒸れにくく、非常に機能的。夏場でも涼しく利用できます。


ライトなつけ心地で、家の中での使用に向いているかもしれません。


番外:マスクの効果を上げるマスクスプレー

マスクにシュッとするだけで、マスクの抗菌効果を上げて、ウイルス・菌の予防効果を上げてくれるマスクスプレーもおすすめです。どんなマスクにも使えて、スプレーするだけでマスクの清潔を保ってくれるので、お手軽なところも魅力的です。


布マスクの抗菌作用を上げるためにも有効な方法ですので、ぜひ参考にしてください。詳しくは別記事でまとめています



清潔を保つ布マスクの洗い方

マスクは清潔に保つことが大切なので、きっちりと毎日洗っておきたいですよね。


普通に洗濯機で洗ってもいいのですが、おすすめの洗い方としては手洗いをおすすめします。


ハンカチを洗ったりするとしわしわになりませんか。ハードに洗うとゴワゴワ感もでて、つけ心地がわるくなります。


商品にはよるのですが、私は酸素系漂白剤での除菌をおすすめします。塩素系だと臭いし、色抜けしてしまうので、かならず酸素系を使ってくださいね。


酸素系漂白剤は、ドラッグストアや100均などにも売っているものでOKです。


洗い方はこのような感じ。


①30〜50℃くらいのお湯に適量の酸素系漂白剤を溶かす。


②15分くらいつけ置きする


③せっけんで洗う


④部屋干し



商品によっては酸素系漂白剤を使えない場合もあるので、取扱説明書をチェックしてください。


私は帰ってきてから、すぐにつけ置きして、洗ってしまいます。お風呂入っている間とかのスキマ時間を利用すれば、わずらわしさがなくなります。


布マスクで快適な1日を

布マスクは非常に肌に優しく、毎日使われる方にはとても有効なアイテムだと思います。


冬場の喉の乾燥や、マスクによる肌荒れなどに悩まれていた方は絶対に効果を感じることができると思うので、とてもオススメのアイテムです。


冬が終わっても、春はたくさん花粉が飛び始めるので、マスクを手放すことはなかなかできません。毎日使うものだからこそ、布マスクで快適な1日を過ごしてほしいと思っています。


つけ心地は最高なので1度使ったらやめられませんよ。


では、今回はこの辺で!

hiroto

タイトルとURLをコピーしました