Follow Me Twitter hiroto's Profile
スポンサーリンク

仕事で出世したいと思うならやってみるといい事を紹介します

出世魚さん

「出世している友達や同期もいるし、できる後輩もいて少し焦りを感じています。仕事にやりがいも出てきたし、今後のことを考えると、出世をしたいと考えるようになりました。でも、どのように行動していけばいいのかわかりません。」




本記事はそのようなお悩みを解決します。



まわりが出世し始めると少し焦りが出てきたりしますよね。特に後輩が追いついてくるとなると、うかうかもしていられません。



それをきっかけに頑張る事は悪いことではありません。努力すれば出世は可能です。頑張って勝ち取っていきましょう。


わたしはとある会社の部長をしています。30歳くらいから管理職者として働いてきました。管理職歴としては7、8年くらいです。出世を意識した働き方で、出世街道を歩んできました。




わたしの体験もふまえて話をしていきますので、ぜひ参考にしてみてください。



では、どのようなことをしていけばいいのかを一緒に考えていきましょう。




スポンサーリンク

出世したいならお客様目線になろう

まず大前提として出世をするためには、上司に認めてもらうことが必要になります。



では、根本的に何をすれば認めてもらえるでしょうか?



そうです。会社のためになることをしたら認めてもらえでしょう。

具体的には、「売上を上げる「新しい技術を開発する」「新しい企画提案をする」などが、会社のためになることです。




会社のためになる事は、上司の成果にもつながることなので、あなたの結果は認められます。



でも、会社のためになることと言ってもどういった視点で仕事をしていければいいのかわかりませんよね。


それは、お客様目線で仕事をすることが1番です。なんだかんだ言っても、会社はお客様あってのものです。


ものを買ってくれたり、サービスを利用してくれるお客様がいないと、利益は生まれません。


そういうお客様を大切にする姿勢は管理職者は共通認識として持っています。こういう姿勢を見せることで、上司へ安心感を与えることができますし、最終的には信頼感につながっていきます。




出世魚さん

「お客様目線を意識して、会社のためになるように働けばいいのはわかったけど、具体的にそうすればいいのかわかりません。」




では、具体的な方法についてみていきましょう。




会社のためになる仕事をしよう

会社のためになる仕事をすることは出世への近道です。では、具体的にはどのようなことをすればいいのか。


このようなことをしていきましょう。


  1. 売上や技術力を上げよう



  2. スムーズに仕事ができる環境を整えよう



  3. まずはYESと言おう




では、1つずつみていきましょう。


売上や技術力を上げよう

当たり前すぎてすみません。


しかし、これは個人の数字を上げるということではありません。


それはどういうことか?


会社の仕事はチームでやることがほとんどです。やはりチームの成績を上げていくことが、上司にとってはとても大切なことです。




つまり、チームの成績を上げるような働き方ができれば、あなたの行動は結果的に評価されます。



こう考えてみてください。


契約がバリバリ取れる営業マンがいたとしましょう。彼は、チームでもダントツの営業力があります。しかし、彼のチームは他の人の成績がそんなに高くないので、別のチームに負けてしまいます。




会社の組織なんてだいたいこんなものです。みんなが力を合わせてやっているのが組織というものです。


やはり、1人バケモノ級の人間がいても、なかなかチームとしては成績を出し続ける事は難しくなってきます。


結果的には、みんなそこそこのの成績をおさめられるチームの方が、無理なく継続的に結果を出していくことができます。


チームとして成績を上げられるようにみんなをフォローできる人は評価されます。個人主義にならずにチームとして業務がうまく回るように立ち回る事が大切です。



「改善案を出してあげる」「時には手助けする」などフォローの仕方はたくさんあります。自分のスキルアップも大切ですが、チームを意識して働いてみましょう。




スムーズに仕事ができる環境を整えよう

先ほどの内容にも通じますが、スムーズに仕事ができる環境を整える事はとても重要です。


やはり、会社では色々な人が集まって仕事しているので、助け合いをしていく事は必然です。


むしろそれができないと、出世はむずかしいでしょう。では、どのようなことをしていくのかがいいのか。



このようなことが例として挙げられます。


  1. マニュアルを作る



  2. みんなが嫌がる仕事を積極的にやる



  3. 下準備をしておく




これらは、業務がスムーズに進むような取り組みですよね。


マニュアルがあれば、やったことない仕事もスムーズにできます。みんなが嫌がる仕事をやれば、仕事が滞る事はありません。次の日の会議の下準備を言われる前にしておけば、すぐに会議を始められます。



このように一見すると雑務のように思える事も、やることで、たくさんの人が助かりますし、確実に効率化します。


結局は誰かがしないといけない事なので、そういう事をサクサクっとやってのける人は評価されます。




まずはYESと言おう

こういう前向きな姿勢は大切です。


ふたつ返事でやってくれると上司は非常に助かります。少し無理や不安があっても、まずはYESと言って仕事を引き受けてみましょう。



こういった前向きな姿勢はとても重要です。いちいちめんどくさそうな顔する人や、不安そうな態度の人にお願いするのも嫌なものです。


結果的に、気持ちよく仕事を受けてくれる人に仕事が集まっていきます。そして、前向きな姿勢は相手の信頼度を高めます。




でも、仕事を受けたはいいけど、仕事がきっちりと完結できないというのも問題ですよね。


なので、上司から仕事を受けたらこのようなことにも注意が必要です。



  1. 納期は余裕を持ってこなす



  2. 確認しながら進める



納期は余裕を持ってこなす

納期は大切です。基本的に仕事に納期はつきものです。その納期ギリギリに出す事はやめましょう。相手が思っているより早く出していく努力は必要です。



出世した魚

「あれどうなってる?いつくらいになりそうかな?」




これを聞かれたら負けだと思いましょう。そう言われる前に仕事はやり終えることが必須です。


やはりお願いした仕事がどうなっているのは気になります。相手がドキドキしない範囲で提出をしていく事はとても重要です。


どのくらいでできるか聞かれたら、予想日数プラス1日で伝えておくのがベターです。期限がすでに決まっている場合は、頑張って期限マイナス1日で仕上げるようにしましょう。


どんな状況でも、ギリギリはあり得ません。


もしミスがあっても直せるし、ちゃんと予定を考えて仕事ができるという事をアピールができます。


確認しながら進める

仕事をする時は、こまめに確認を取りながら仕事を進めていきましょう。


やってみて分からなければ相談すればいいし、期限を伸ばしてもらいたければちゃんと相談すれば予定の組み直しはしてもらえるはずです。



このように確認を取りながら進めていく事は非常に重要です。理由は3つあります。


  1. 勘違いを防げる



  2. 相手も進捗状況が分かる



  3. 安心感を与えられる




こまめに確認をしていく事で、直前でのやり直しは無くなりますし、あなたも自信を持って仕事に取り組むことができるはずです。


出世魚

「こう言った形で進めていきますがよろしいですか?」




これを言って嫌な顔する上司はいないでしょう。むしろ安心します。


もし改善点があれば指摘もしてもらえるでしょうし、問題なければそれで良しです。これで、間違った方向に進む事はなくなるでしょう。


上司も進捗状況やあなたの理解度を把握できるので、安心して仕事をまかせることができます。




まずは二つ返事で仕事を受けて、確認しながら進めていくというのが、できる人の仕事の進め方なので、ぜひ実践してみてください。




気長にやろう

具体的にいろいろな方法についてご紹介しましたが、これらを1回やったからと言って評価されるわけではありません。気長にやっていきましょう。



あなたもすぐに誰かを信頼できますか?


それってなかなかむずかしいですよね。信頼を勝ち取るにはある程度は時間が必要です。信頼はジェンガを積むように一つ一つ丁寧に積み上げていくようなものです。




なので、すぐに認められないからと言って、短気を起こさずやっていきましょう。


これだけやってるのにと見返りを求めると不満になってしまうので、すぐに認められなくて当たり前と思って長期目線でやっていくことが大切です。


出世魚

「じゃあ、どれくらい頑張ればいいの?」



少なくとも1〜2年はかかると思った方がいいです。そのスパンで一貫して行動をしていくと、確実に認めてもらうことができます。


ちょっと頑張るのやめたくなりましたか?


でも、待ってください。



どうせ同じ仕事するなら、出世できるように仕事していけばいいと思えばどうでしょうか。


特にあなたにデメリットはありません。払うコストは少し努力は必要というくらいです。


出世をとるかそのままでいるかはあなたの行動次第です。


どのような1年を過ごすのかで結果は変わります。ぜひ冷静に考えてみてください。



ただし、今いる会社が「パワハラ横行」「やりがい搾取」「古い体質」みたいな会社なら転職することをおすすめします。


出世以前に未来がないです。



今回ご紹介している内容は少なくともまともな会社の場合に限るので、働く環境に問題がある場合は、まずは転職してあなたの環境を整えましょう。


本ブログは転職記事についても、ご紹介していますので、ぜひそちらも参考にしてみてください。





出世して輝いている自分を想像しよう

  1. お客様目線を意識しよう



  2. スキルアップをしよう



  3. チームのために働こう



  4. まずはYESと言ってみよう



  5. やばい会社にいるなら転職しよう




どうですか?出世をするのはむずかしそうですか?



結論はNOです。出世するための行動をできる人は少数です。上記の内容を意識して行動していけば、間違いなく明るい未来が待っています。


もし、会社を変わることになったとしても、そこで頑張った事はあなたの財産になるので、決してムダにはなりません。


また新しい会社で同じように頑張っていけばいいのです。


むしろ、なんとなく働いているより、働く指針があって悩まずに働けるのではないでしょうか。


仕事を任されるようになってくると、あなたの意識も行動も変わります。今より絶対に輝いているはずです。



そんな人のところに仕事も人も集まってきます。出世をすれば大変なことももちろんありますが、いいこともたくさんあります。



やりがいも出てきます。給料も増えます。人とのつながりも増えます。



そういう未来を想像して、今を地道に頑張っていきましょう。



あなたがこの記事を読んだことがきっかけで、がんばる気になってくれたのなら、こんなにうれしい事はありません。



今回は以上となります。


最後まで読んでいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました